お取り扱い方法

オルソケラトロジーレンズの取り扱い

オルソケラトロジーレンズは高度管理医療機器に当たりますので、必ず事前に眼科医にご相談のうえ、検査・処方を受けてください。

  1. STEP1

    鏡を見て自分の眼に目やに・充血がないか確認します。

  2. STEP2

    爪を短く切り、先端を丸く滑らかにしておきます。爪を長くしているとレンズに傷をつけ、そこに汚れが溜まってしまったり、眼を傷つける原因になったりします。

  3. STEP3

    汚れた手でレンズに触れると細菌汚染の原因となりますので、必ず手を石鹸でよく洗い、綺麗なタオルで手の水分を拭きます。石鹸が手や指に残らないようによくすすいでください。

レンズの取り扱い

  1. 1

    レンズを利き手の人差し指の先の上に乗せ、レンズの状態を確認します。傷、破損、変形、変色、落ちない汚れなどがある場合は、装用を中止し、眼科医に相談してください。

  2. 2

    手と指の水分をよく拭き取ってから、レンズに触れます。レンズを落としてしまうことを考えて、拾いやすくて清潔な場所で取り扱ってください。

  3. 3

    レンズは人差し指、中指、親指などで軽く持ってください。

  4. 4

    レンズを図のように持ち、ホルダーのツメの部分とレンズを平行にし、ゆっくり出し入れします。通常のハードコンタクトレンズとはレンズの大きさが異なるため、必ず指定のレンズケースを使用してください。レンズを装用中はレンズケースを空にし、よくすすいでキャップを開けた状態で自然乾燥させましょう。

  5. 5

    レンズケースは細菌増殖の温床となることがあるので、常に清潔に保ち、定期的に交換することをお勧めします。レンズケースに汚れ蓄積すると、眼の障害を引き起こすことがあります。

  6. 6

    レンズを落としたときは、人差し指の腹と親指で、レンズのはじを軽くつまんで拾います。

レンズの洗浄

レンズをはずした後は、レンズを洗浄し、常に清潔に保つようにします。お手入れを怠ると、レンズに汚れが付着し、劣化の原因になります。

  1. STEP1

    手のひらにレンズをのせます。

  2. STEP2

    手のひらを丸め、指定のオルソケラトロジーレンズ用洗浄液を垂らして、人差し指または濡れた綿棒で同心円を描くようにレンズの両面を約20秒間水またはぬるま湯で洗浄してください。レンズの内側には特殊なカーブが施されているため、通常のハードコンタクトレンズより汚れが付きやすくなっています。必ずよく洗浄してください。

    • このときレンズに無理な力を加えますとレンズが破損することがあります。
    •   
    • ゆがみの原因となるため、親指と人差し指の間に挟んでこすらないでください。
    •   
    • 人差し指と中指の間に、レンズの内側が上向きになるようにレンズを置き、親指の腹で軽くこすり洗いする方法も可能です。
  3. STEP3

    洗浄する際は、排水口からレンズが流れてしまわぬように、流出防止用マットなどを使用してください。

    • レンズをはずしたときは、安全な装用を続けるために必ずレンズケアを行ってください。
    • 指定のオルソケラトロジーレンズ用の洗浄保存液を使用してください。
    • 使用に際しては、必ず使用説明書をよく読みその使用方法に従ってください。
    • レンズに傷がつくので、研磨剤入りの洗浄液は使用しないでください。
    • 使用可能なケア用品についは、眼科医の指示に従ってください。

レンズのつけ方、はずし方

レンズのつけ方

  • 図1
  • 図2
  • 図3
  1. 1

    テーブルの上に清潔なタオルを敷き、鏡を用意します。洗浄したレンズを利き手の人差し指にのせます。

  2. 2

    図1:レンズ裏面に装着液(人工涙液)を数的垂らします。

  3. 3

    利き手の反対の中指をまぶたの中央に置き、上に強く押し上げます。利き手の中指を下まぶたの中央に置き、下を強く押し下げます。

  4. 4

    図2、図3:まっすぐ鏡を見ながら、コンタクトレンズをのせている指を黒眼にのせます。

    • その際、レンズを角膜に押し付ける必要はありません。
    • 反対側の眼を大きく開けると装着しやすくなります。
  5. 5

    レンズが正しくのっていることを確認してから、下まぶた、上まぶたの順にゆっくりと離します。

  6. 6

    軽くゆっくりとまばたきをします。その後、レンズは自然に中央に安定します。

  7. 7

    レンズが黒眼に正しくのっているか、空気が入ってないかを鏡で確認します。空気が入ってしまった場合は、ゆっくりとやや強めにまばたきをして空気を抜いてください。それでも抜けない場合は再度レンズを入れ直してください。

  8. 8

    もう一方のレンズを同じ要領で装用します。

レンズのはずし方

方法1

レンズを外すときは、レンズに無理な力を加えると破損やゆがみの原因となります。角膜の安全を考え、できるだけ専用スポイトを使用してください。

  1. 1

    はずす前にテーブルの上に清潔なタオルを敷きます。

  2. 2

    点眼液をさして目に潤いを与え、まばたきをしてレンズが動くことを確認します。

  3. 3

    スポイトの端を親指と人差し指で持ち、スポイトの先を静かに動かしレンズに近づけ、そのままレンズをつけます。

  4. 4

    スポイトをやや下方に引くようにして、レンズをはずしてください。

  5. 5

    レンズを人差し指の腹の上にかぶせるようにし、親指を添えてスポイトの先の部分を押しながら、スポイトとレンズをはずします。

  6. 6

    使用後のスポイトは水道水(流水)でよくすすぎ、自然乾燥させます。

  7. 7

    もう一方のレンズを同じ要領で外します。

方法2

スポイトがない場合、下記のような手順でレンズを外します。
レンズが外れないときは、あせらず少し時間をおいて再度外します。通常のハードコンタクトレンズに比べて大きいので、それでもはずれない場合は、眼科医に相談してください。

  1. 1

    はずす前にテーブルの上に清潔なタオルを敷きます。

  2. 2

    点眼液をさして目に潤いを与え、まばたきをしてレンズが動くことを確認します。

  3. 3

    右手の人差し指を右眼の目尻に当てます。

  4. 4

    左手を丸めて右眼の下に当てます。両眼を大きく見開き、右眼の目尻に当てた指で目尻を耳側やや上方に引っ張ります。

  5. 5

    すばやく、しっかりとまばたきします。

  6. 6

    もう一方のレンズを同じ要領で外します。

方法3

  1. 1

    はずす前にテーブルの上に清潔なタオルを敷きます。

  2. 2

    4
    点眼液をさして目に潤いを与え、
    まばたきをしてレンズが動くことを確認します。
    両手の人差し指を上下のまぶたのまつ毛のはえぎわにおきます。
    下側の人差し指で下まぶたを軽く押さえ、レンズが下がらないように固定します。
  3. 5

    上まぶたの先端でレンズをはじき出すようにしてはずし下側の手で受け止めます。

    • このときツメが眼にふれないようにし、また、まぶたの裏の赤いところ(結膜)が出ないように注意してください。
  4. 6

    下側の手のひらにレンズがあることを確認してください。

なおし方

レンズを動かしている時にまばたきをすると、レンズが落ちることがありますので注意してください。

レンズが上方にずれたとき

鏡を下方に持ち、眼だけ鏡の方を見てください。人差し指で、上まぶたを押さえ、レンズを固定させます。
鏡をゆっくり上方に動かし、同時に黒眼をレンズのところまで動かします。

レンズが下方にずれたとき

鏡を上方に持ち、眼だけ鏡の方を見てください。人差し指で下まぶたを押さえ、レンズを固定させます。鏡をゆっくり上方に動かし同時に黒眼をレンズのところまで動かします。

レンズが耳側にずれたとき

鏡を鼻側に持ち、眼だけ鏡の方を見てください。人差し指と中指で目尻を押さえ、レンズを固定させます。鏡をゆっくり正面まで動かし、同時に黒眼をレンズのところまで動かします。

レンズが鼻側にずれたとき

鏡を耳側に持ち、眼だけ鏡の方を見てください。人差し指で目頭を押さえ、レンズを固定させます。鏡をゆっくり正面まで動かし、同時に黒眼をレンズのところまで動かします。