オルソケラトロジーで近視の進行を抑えるしくみ

近視には、主に屈折性近視と軸性近視の2種類があります。
オルソケラトロジーでの近視進行抑制は、軸性近視に対して行われています。

軸性近視は、成長に伴い眼球が奥側へ伸展することによって光の焦点が眼球後面の網膜中心部まで届かなくなることで現れます。
眼鏡による近視矯正は、凹レンズを通すことによって網膜中心部まで届かなくなった光の焦点を網膜上に結びます。この場合、網膜中心部のみに焦点が合わされる為、その周辺部は焦点が合っていない状態になります。(周辺部は遠視状態)

生物の眼には常に正視に保とうとする働きがあり、主に周辺網膜(黄斑部の周辺)によりコントロールされているそうです。
眼鏡によって周辺網膜に焦点が合わない状態になると、その部分の細胞を網膜後方に発達させることで焦点を合わせようとする為、眼球が伸びることになります。

網膜周辺部に焦点を合わせることで、眼球伸展をコントロールすることに繋がると考えられています。

オルソケラトロジーレンズの装用は、角膜中心部からその周辺部にかけて形付けることで周辺網膜にも焦点が合うとされています。

オルソケラトロジー治療における近視進行抑制効果については国内外で研究が進められています。

また近年、学会等でも有効性が発表されており、オルソケラトロジー治療のこれからに期待が高まっています。

少し難しいかもしれませんが、オルソケラトロジーによる近視進行抑制のしくみはこれが有力説だとされています。

 

(2020.6.29 公開)