スマホ老眼について

最近、テレビやインターネットのニュースで話題になっているのが「スマホ老眼」です。
老眼の症状が現れるのは、一般的に40代からと言われていますが、20~30代で老眼のような症状が現れるケースが増えています。
こうしたケースでは必ずと言っていいほどスマホの見過ぎで目を酷使しています。
目にはピント調節機能があります。一般的な老眼では、目の中の「水晶体」が硬くなったり、「毛様体筋」が衰えることでピント調節機能が低下し、近くの物が見づらくなります。
スマホ老眼の場合、近くにピントを合わせる時、目に負担がかかり、スマホを見ていると毛様体筋が筋疲労を起こしやすいとされています。
毛様体筋が緊張し、ピント調節がうまくできない状態になってしまうわけです。
これは子どもの仮性近視に似たような症状です。

大切なことは、目を酷使し過ぎないことです。スマホやパソコン作業中であっても、20~30分に一度は外の景色などの遠くを見る時間を作り、定期的に目を休ませましょう。


現代社会ではスマホやパソコンの画面を見ていることがとても多いと思いますが、ご自分の目を守るためにも目を休める意識を少しでも持ってもらえると良いかと思います。

 

(2019.12.16 公開)