眠っている間にレンズをつける

オルソケラトロジーレンズを就寝前に装用します。(装用時には装着液をご使用ください。また、左右間違わないように装用しましょう。)

レンズの内側に特殊なデザインが施されているため、寝ている間にレンズを装用することにより、角膜の形状をよりフラットに矯正し、近視・乱視を矯正します。

起床したら、人工涙液等の目薬で目に潤いを与えてからレンズをはずします。

レンズを外した後も角膜の形状は一定時間保たれるため、日中は裸眼で生活することが出来ます。

オルソケラトロジーレンズを装用したら、すぐベッドや布団に入り、目を閉じましょう。レンズを装用したまま何か作業したり、テレビや雑誌などを見たりすると、レンズがずれやすくなってしまいます。

 

(2019.7.3 公開)