子どもの近視

以前から近視は日本をはじめ、アジアに多いことが知られています。

最近は、パソコンやスマホなどの普及により子どもも近くを見る時間が長くなっています。
これが近視の進行を助長しているとも言われています。
近視発症の低年齢化が進み、低学年から近視を発症する頻度が増加し、大人になってから近視に悩む人が増えています。

また、様々な研究・調査において低年齢層における近視率の増加が報告されています。

不用意に近視を進行させないために、当サイトが参考になれば幸いです。

お子様を持つご友人やお知り合いに当サイトをご紹介していただければ幸いです。

小さいお子様ほど近視など目のことを意識していただければと思います。

 

(2020.7.28 公開)