オルソケラトロジー治療の副作用とは?

オルソケラトロジー治療の副作用についてご紹介いたします。
※当サイトは、治療に関して診断・アドバイス等するものではありません。あくまでも情報をお届けすることを目的としております。




●暗いところで光のにじみ(グレア)や見え方のブレを生じる可能性
オルソケラトロジーレンズの形状から、レンズ中央部のベースカーブにより矯正された部分とその周辺のリバースカーブにより矯正された部分の屈折力の差から、目の中で焦点を結ぶ位置にずれが出来てしまうことがあります。その差によって、上記のような症状が起こり得るのです。
ただし、必ず生じるわけではなく、極端に黒目(瞳孔径)が大きい方や強度近視を過度に矯正している方などに生じやすいと言われております。



●元々乱視が強い場合、一時的に乱視を強く感じる可能性
元々乱視が強い場合、治療過程においてオルソケラトロジーレンズによって近視を矯正することで相対的に乱視を強く感じることがあります。
しかし、そのような症状がある方でも長期的にレンズ矯正を続けていれば改善されることがあります。


●角膜炎などのリスクの可能性
レンズの取り扱いが不衛生であったり、眼科医の指示を守らず、不適切な装用を続けていると通常のハードコンタクトレンズと同様に角膜炎などになる可能性があります。
毎日、レンズケアを行い、清潔に保ちましょう。


●視力が変動する可能性
オルソケラトロジー治療は、夜寝ている間にレンズ装用によって角膜を矯正し、朝起きてレンズを外した後、その矯正が維持されるため日中は裸眼で生活できます。
この矯正はよく歯の矯正に例えられます。そのため、治療開始から間もない時期は、夕方になるにつれて矯正が徐々に戻りやすく、矯正の持続時間も短くなりがちです。
特に強度近視の方や、年齢が高くて角膜が硬い方にそのような傾向が見られやすいとされています。
治療を毎日継続して、徐々に視力の安定を目指しましょう。



今回はこれで以上となります。
また、情報を更新していきますので、引き続きよろしくお願いします。

オルソケラトロジー治療は手術なしでできる近視矯正法ですが、眼科医の目を離れ、自宅にて行う治療ですので、眼科医の指示を守って安全に治療を進めましょう。

 

(2020.4.10 公開)