年齢制限はある?

2017年12月に「オルソケラトロジーガイドライン」が改訂され、未成年に対して慎重処方が可能となり、実質的に年齢制限がなくなりました。
(ただし、眼科での検査に基づいた医師の判断が必要です。)

一般的には、低年齢ほどレンズによる矯正効果が高いとされています。

近年、近視進行抑制効果に関する研究が数多く発表され、エビデンスが集まりつつあります。近視進行抑制効果は小さなお子様ほど効きやすいとされていますので、近視の小さなお子様がいらっしゃる方は一度検討してみてはいかがでしょうか?

 

(2020.8.12 公開)